HOME>記事一覧>インターネットの新たな活用方法として期待が高まる

できることが豊富

クラウド

IoTを使うことで実現できることがらが多いのは、注目を集めている大きな理由になるでしょう。基本的にモノとインターネットを繋ぐことになりますが、この組み合わせの幅が本当に広いのです。日常生活で使う家電や車が身近な例ですが、今後は製造業やサービス業と言ったビジネスシーンでも活躍が期待されています。また医療分野でも応用が検討されており、患者の検査データをオンラインを通して送受信し、より綿密な情報交換ができるような仕組みも実現できるかもしれません。

生産性が大きくアップする可能性

IoTを使うことで生産効率を高めるような可能性が期待されています。例えば物流では、道路情報をリアルタイムで把握することで、配送の効率を高めるようなシステムが考えられるでしょう。センサーを使うことで、メンテンナンスの最適化も期待できます。

AIと組み合わせることでさらに加速

近年は注目度が高まっている、AIとIoTの組み合わせも新たな可能性が指摘され、研究が進んでいるようです。AIが学習して分析したデータをもとに、ネットで接続したモノを動作させるような仕組みが実現できます。これによって運用の効率化や人員・コストの削減などを見込むことが可能です。このAIとIoTはともに、第4次産業と位置付けられる将来性のあるものとなっていることもあり、今まさに活用方法が模索されています。